風俗で性サービスと言うものを知りました。そんな私が書いた体験談をご覧ください。

まるで初めて行ったかのような反応

投稿日:2016年1月20日

座り込む女性
最初はMちゃんからベッドでティーシャツを捲って乳首舐めをしてくれたが、途中で「全部脱がしちゃっていい?」と聞いてくる。「お願いします」といって脱衣アシストが始まる。脱衣アシストを受けるのは実は初めてでしたが、デリヘル嬢って色んなスキルが身につくんですね。一瞬で素っ裸になりました。「私の服も脱がしてくれると嬉しいです」と、デリヘル嬢が脱衣を委ねてくる。野郎どもはこういうシチュエーションに興奮するのでしょうが、僕は正直こういうのは苦手です。デリヘルでエッチ+ちょっとしたお遊びって感覚なんでしょうが、こういう前哨戦ほど苦手なものはないです。なんたって不器用ですから。不器用ながら服を脱がしていくと可愛い下着を拝んだり美しいちっぱいを発掘したりと、僕の愚息をフルパワーにさせるには十分の要素がありました。「すぐに抜かせてあげるね」といって手を引いてシャワールームに連行されました。デリヘルってこんなにすごいところだったのか。

理想のお姉ちゃん

デリヘル電話後、車のトラブルはあったけど、なんとか待ち合わせ時間前にホテルに到着しました。車は近くの無料駐車場に停めています。時間通りにKさんと待ち合わせ。いつ見ても30歳には見えない若さと可愛さを持っています。手を繋ぎながらホテルまで歩きます。とりあえず、最近あった面白い話などで盛り上がり、チェックインするといきなり即キスです。Kさんのディープキスは相変わらず濃厚で、キスをしているとKさんのツバやヨダレが容赦なく僕の口の中にも侵入してきます。シャワーを浴びてイチャイチャしたあとに恋人プレイを行いました。Kさんの方が年上なので、呼称をお姉ちゃんにしてキョウダイプレイとシャレ込みました。Kさんが頻繁に「こんな弟がいたらよかったな~」って頭を撫でてくるのですが、そんなことを言われるだけでもう言葉が出ないくらい嬉しくなります。抱きしめて喜びを伝え、そしてフェラをしてもらいました。フェラも唾液たっぷりでローションいらずです。こんな姉さんが欲しいなぁ。